このページへのリンク > http://www.d-ea.net/?w=mystiii
MYST III: EXILE > 攻略
□ 警告
 これより先には攻略に直接的に関わる情報が数多く含まれています。自力での攻略を目指されている方は閲覧なさらない事をお勧めします。また、行き詰まってしまった場合は、まずFAQをご覧になって下さい。それでも分からない時はフォーラムにて質問トピックをたててみて下さい。
MYST III: EXILE > 攻略
□ ストーリー

 事の発端は、アトラスの二人の息子(シーラス・アクナー)が牢獄の本(赤い本と青い本)に閉じ込められる前にある。彼らは幼い頃、アトラスに連れられて、アトラスが若い頃に創造した世界・ジェナーニン(J'nanin)へ行き、修行の一環としてナラヤン(Narayan)に辿り着くまでの謎解きをさせられた。ナラヤンに着いた彼らはその頃から、密かに黒い野望を燃やしていたのだ。
 成長した彼らはナラヤンの住人・サーヴェドロの家族やその他の人々をそそのかし、古い伝統を捨てさせ、ラティスの木を枯らし、ナラヤンを滅亡させるまで追い込んだ。彼らはナラヤンが徐々に壊れていく様を楽しんでいたのだ。彼らの謀略に気づいたサーヴェドロはそれを止めさせようとしたが、逆に彼らの策略によって20年もの間、家族と引き離されることになった。

 一方、アトラスは崩壊したドニの街の復興に力を注いでいたが、途中でそれが誤りであることに気付き、まったく新しい時代・レリーシャン(Releeshahn)を創造した。生き残っていたドニの人々をそこに住まわせるためである。
 復讐に燃えるサーヴェドロは、密かにジェナーニンからトマーナ(Tomahna)へ接続していた。そこで彼はアトラスの日記を読んで、ドニの人々が助けられた事実を知り驚愕した。そして「奴ならば、アトラスならば滅亡した時代・ナラヤンを復活させることが出来るのではないか」と考えたのだ。そして、サーヴェドロはアトラスをナラヤンにおびき寄せるために、レリーシャンの書を奪い、ナラヤンへと逃げていったのだった。

MYST III: EXILE > 攻略
□ 時代別の攻略法
J'nanin ジェナーニン(J'nanin)
トマーナ(Tomahna)からサーヴェドロを追いかけて接続する時代。 他の4つの時代に接続できる。
Amateria アマテリア(Amateria)
赤を基調とした時代。正六角形を元にしたデザインを多く見ることが出来る。この時代の岩石は特殊な性質を持っている。
Edanna エダーナ(Edanna)
不思議な植生を持つ時代。海上にそびえ立つ巨木の中に接続する。
Voltaic ヴォルタイク(Voltaic)
水力・電力・地熱力を動力源とする時代。
Narayan ナラヤン(Narayan)
シーラスとアクナーの手によって、滅ぼされそうになった時代。
All images of MYST III:EXILE : © Presto Studio, Inc. All rights reserved.
MYST® is a registered trademark of Cyan, Inc. under license to Ubisoft Entertainment S.A.