○ デモ

深さ測定用ポッドが岩の表面に埋め込まれている。
ギルド・マスターがそのポッドの先頭の席に座り、右手を測深器の長いシャフトにそえ、その振動を感じていた。彼の後ろでは2人の若い助手が座席から身を乗り出し、反響音のかすかな異変も聞き逃すまいと、目を固く閉じていた。ギルド・マスターが怒鳴る。
  「ナ・グレーニスだ!」
彼は膝の上に台を置き、その上に拡げた地図を左手でなぞった。