MYST IV Revelation > レビュー

Reviews of MYST IV Revelation

事実上の最終話 評価:★★★★☆
第1作で閉じこめられていた本を燃やされ死んだはずの、シーラスとアクナーが生きていた! という「新事実」(Revelation)が明かされる第4作。MYST IIIですべて終わったかに見えた兄弟たちの問題が再燃し、そして今度こそ完結する。事実上のシリーズ最終話といっていいだろう。ゲームの形態は従来のものを継承したポイント・アンド・クリック方式で、1~3作の愛好者にはとりつきやすい。本シリーズには珍しく、ストーリー・謎解きとも妙にファンタスティックな設定に走っている部分があり、この点には違和感を禁じ得ないが、これも時代の趨勢と言うべきか。とはいえMYSTらしい論理的・機械的なパズルも健在で、総じて最終話にふさわしい出来になっている。多くの人に是非プレイしていただきたい一品である。ちなみに、本作ではオプションメニューから攻略のヒントを見ることができるようになっている。ヒントのレベルを3段階に分け、見たいレベルの答えを見られるという工夫は買えるが、使い勝手はあまりよくない。