MYST IV Revelation > 攻略 > ヘイヴン(Haven)
STEP021:「監視小屋から」
図41 図41

 湖の家を出て、対岸へ向かいます。木橋を進むと梯子がありますが、下でカモダイルが威嚇しているので下りられません。左側の進路を取ると、突き当たりの木の上に小屋がかけられています。梯子を登ると、マングリーの巣が見えます。白毛を含む4匹のマングリーが遊んでいますが、先ほどのカモダイルが戻ってきたので、慌てて巣に逃げ込んでしまいました。(図41)
 小屋には狩猟小屋にあったものと同じ3つのホーンがあります。しかしここで鳴らすのは警戒音ではありません。湖の家で読んだアクナーの日記を思い出してみましょう。マングリーは高音と低音の声を組み合わせて、アクナーに「名前」をつけました。もちろんマングリー同士でも個体を識別する音があるのです。4枚のスケッチの下部に描かれた表がそれで、3つの円はホーンの種類を表し、表の横棒が音の長さを示しています。試しにどれか1匹に呼びかけてみましょう。うまく呼び分けられれば、対応するマングリーが顔を出し、ロープを伝って隣の巣へ移動します。(図42)

※隣の巣が塞がっているとき、およびカモダイルが真下にいるときは移動しません。それでも顔は出すので、呼びかけがうまくいったかどうかの目安にはなります。

図42 図42