MYST IV Revelation > 攻略 > スパイア(Spire)
STEP007:「4つのランプ」
図13 図13  机の右手奥には見た事もない植物が生えており、そこにはランプの点いた小さな台が置かれています。近づいてみると、台の上には大きめの緑の水晶が設置され、その真下には緑色の液体が入ったガラス容器が置いてあります。どうやら植物から緑色の液体を絞り出す装置のようです。他に生物らしきものが見られないこの時代でシーラスは、このスライムのような緑色の液体だけで命を繋いできたのでしょうか。(図13)
 一旦、梯子の場所まで戻り、梯子を上に登ってみます。すると、そこには[STEP004]の装置と似ている円筒形の装置があります。先程と同様に、ボタンを押してみると蓋が開き、スイッチ・番号の付いたランプ・スライダー・小さなランプのあるパネルが姿を現します。しかし、今度はランプの数が4つです。(図14)
これらの装置が電気エネルギーを調節する為の物である事は、シーラスの日誌から想像出来ますが、どのぐらいのエネルギーが必要なのかまだ分かりませんね。とりあえず、4つのランプが全て点くように調節してみて下さい。(左右左)
図14 図14